エントリー傾向について

プロジェクトのエントリーは、5月31日をもって締め切りました。

PMI会員以外の方も多くエントリーされました。また、実施主体は一般企業(60%)以外にもNPO法人や学校法人など(40%)も多く、社会イノベーションに繋がる可能性のあるプロジェクトが幅広くエントリーされました。
IT業界をはじめ観光・医療・教育などさまざまな分野から素晴らしいプロジェクトの応募がありました。


現在、表彰候補プロジェクトの選考を進めております。
今後、選定されたプロジェクトをオンラインで紹介し、視聴者の投票によって優秀プロジェクトが決定されます。
日本の卓越したプロジェクトを多くの方に見ていただければと思います。

エントリープロジェクトの傾向(PMI会員区分、自薦/他薦、実施主体の区分)は以下の通りです。

PMAwardエントリー傾向.png